引き潮作戦



以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

灼眼のシャナIII-Final- 【2クール】

レビュー【01】 【02】 【03】 【04】 【05】 【06】
【07】 【08】 【09】 【10】 【11】 【12】
【13】 【14】

【お復習い11】

第15話 「雨中の敗走」

脚本 水上清資
絵コンテ 鈴木洋平
演出 鈴木洋平
作画監督 小松原聖 錦見楽 津幡佳明 下川寿士
総作画監督 井本由紀

01月21日(土) テレビ神奈川(tvk) 25:30
01月27日(金) ニコニコ動画 00:30配信

OPEDなし [挿入歌] 「u/n」 川田まみ

★★★★★


シャナ(釘宮理恵)達の援軍も空しく二度に渡る宣布により多くのフレイムヘイズ達は精神的ダメージを受け撤退も捗りません。
そしてシャナの意志を確認した"大地の四神"のひとりであるセンターヒル(仲野裕)は遂に参戦を決意し作戦の支援を図ります。


双方甚大に犠牲を齎し体勢が決しての撤退戦でしたがシュドナイ(三宅健太)自らが戦場に立つタイミングでのセンターヒル参戦でした。
ネイティブアメリカンである"大地の四神"は闘うことを止めたフレイムヘイズでしたが真の理を理解している責任感とシャナ達に自らの意志を託せると信じたからこそ命を賭して最後の戦いに赴いたのだろうと思います。
使命を放棄したフレイムヘイズこそが本当の意味で存在意義のないものである筈ですから。
そしてザムエル(野島昭生)もまた六世紀に渡る戦いの日々に終止符を打つことになりましたが最後迄己の使命を完遂することで存在価値を確かなものとしたように感じます。

囮に見せかけた塔の真下に実は天道宮が埋め込まれていたりハボリム(山本格)の容赦ない攻勢やシュドナイと対峙するシャナにヴィルヘルミナ(伊藤静)更にはセンターヒルとの闘いであるとか孤軍奮闘のザムエルに真打のマージョリー(生天目仁美)サーレ(松本忍)キアラ(茅野愛衣)迄重苦しい状況でもトリッキーな部分もあり中々見応えがありました。
まぁフレイムヘイズサイドとすれば負け戦でしかないのですが「遠足は家に帰るまでが遠足」ですよね。(笑)
一端区切りが着いて「大命」も次の段階で星黎殿の移動を画策しているようですし闘いは新たな局面を迎えそうです。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。


コメント・トラックバックは承認制となっています。(TBの言及リンクは不要です)
[申し訳ありませんが状況に依っては承認まで少々お時間を戴く場合があります。]