数百年ぶりの珍事。



以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

灼眼のシャナIII-Final- 【2クール】

レビュー【01】 【02】 【03】 【04】 【05】 【06】 【07】 【08】
【09】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】
【17】 【18】 【19】 【20】 【21】

【お復習い11】

第22話 「異邦人の夢」

脚本 砂山蔵澄
絵コンテ 米たにヨシトモ
演出 神保昌登
作画監督 小松原聖 亀谷響子 錦見楽
総作画監督 大塚舞

03月10日(土) テレビ神奈川(tvk) 25:30
03月16日(金) ニコニコ動画 00:30配信

★★★★★


真宰社の目前で百鬼夜行のワゴンが爆破消滅しましたがギュウキ(北村謙次)の自在法「倉蓑笠」で身を隠しつつ幻覚をつくり凌ぎました。
カムシン(皆川純子)は一美(川澄綾子)への言葉を残し援護に廻り一行はパラ(青木強)の手引きで真宰社内部へと避難します。


カムシンは痛手を負っているようですがそれでも一美を守るために岩ダムを起動させました。
もうそんな状態でカムシンにしてもベヘモット(宝亀克寿)にしても一美に対して語られたらもう遺言としか聞こえません。
最初は一美を紅世に関らせた張本人ですし割りと冷酷な事(正論ですが)を平気で言っていたので余り好ましく感じていなかったのですが実はその辺りを気に掛けていたのも確かでしょう。
単に辛い思いをするだけではなくこうして悠二(日野聡)の手伝いをして更に危険な目に遭うことはなかった筈ですから。
一方シャナ(釘宮理恵)達は悠二・シュドナイ(三宅健太)に対峙しています。
ヴィルヘルミナ(伊藤静)は相変わらず鬱状態でしたがフレイムヘイズ側としてはほぼ作戦通りの状態でありシャナ・アラストール(江原正士)・マージョリー(生天目仁美)マルコシアス(岩田光央)の計らいで百鬼夜行の下へ合流することになります。
彼女等の温かい心遣いに感謝しつつ合流へと向う途中に何と!ティアマトー(渡辺明乃)が喋りました。

普通に。(爆)

(原作に依れば契約時以来数百年振りということですが勿論アニメシリーズでは初めてのことです)
それだけヴィルヘルミナの心の変化が劇的だったのでしょうね。
ヴィルヘルミナが合流すると一美(川澄綾子)の手には卵の様な球形となった?!”約束の二人”(エンゲージ・リンク)のフィレス(井上麻里奈)とヨーハン(斎賀みつき)がありました。
約束の二人の思惑はまだ不明です。
強力な味方を得て一行は真宰社内部に侵入して一息吐きます。
先に侵入したパラは念の為と装置のスイッチをオフにしています。
凄く嫌な予感がするんですが。(笑)
サーレ(松本忍)とキアラ(茅野愛衣)はサーレ因縁のダンタリオン"教授"(飛田展男)の前に相変わらず苦戦を強いられていますが粘り強く攻撃を続け乾坤一擲の一撃を放ちます。
しかし逃げ足には定評のある教授のことですからその辺りに抜かりはありません。
躊躇なく非常脱出装置のスイッチを押します。
はい予想通り動きません。(笑)
あっさりと教授はドミノ(加藤奈々絵)共々倒滅されました。
マッドサイエンティストで五月蝿い教授でしたがいざいなくなってしまうと寂しいものです。
味方にすれば心強いですし相手にすれば厄介ですが自らが思うままフリーダムに行動する面倒臭い(しかも五月蝿い)徒ではありましたけどね。
ドミノは結構好きだったんだけどなぁ・・・。
この結果暴君と竜尾も機能が停止して悠二は更に弱体化することになります。
それでも二対ニの戦いは続いています。
そこで"世界の卵"に改変の式を打ち込まれていましたがベルペオル(大原さやか)に依ってバックアップ装置である「吟詠炉-コンロクイム-」が起動されます。
ところがヘカテー(能登麻美子)は「きもち・・・わるい」
実はフレイムヘイズサイドの奥の手はマージョリーのバックアップ改変だったのです。
二転三転で一気に形勢逆転でフレイムヘイズサイドの手は全て出尽くしたといったところです。
さてあとは痴話喧嘩の行方は如何にといった雰囲気もありますが果たしてどうなりますやら。
多大な犠牲も払い残すところ二話となりまして寂しさも一入です。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi
何時も有難う御座います。
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。




コメント・トラックバックは承認制となっています。(TBの言及リンクは不要です)
[申し訳ありませんが状況に依っては承認まで少々お時間を戴く場合があります。]