新婚旅行



以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

パパのいうことを聞きなさい!

感想【01】

第02話 「家へおいでよ」

脚本 荒川稔久
絵コンテ 川崎逸朗
演出 吉田りさこ
作画監督 桜井正明 野道佳代
総作画監督 豆塚隆 枡田邦彰 新田靖成
エンドカード 矢吹健太朗

01月17日 テレビ神奈川(tvk) 25:45
01月23日 バンダイチャンネル 月曜12:00配信
01月24日 ニコニコ動画 火曜02:00配信

★★★★★


祐太(羽多野渉)は姉の祐理(大原さやか)に呼ばれて小鳥遊家に行くと祐理と信吾( 飛田展男)は既に出掛けた後で三姉妹が留守番をしていました。
姉夫婦が戻り祐太を含めた一家団欒の場で一週間三姉妹と一緒の留守番を頼まれます。


何となく予想が出来た展開ではありましたがそれでも辛い話になりました。
中盤以降はとても幸せで楽しそうな描写が続きましたが逆に悲しい出来事を暗示するようでもあって切なかったですし初回との落差の激しさもあってかなりショッキングでした。
祐太が三姉妹を引き取るといったのは単なる同情の意味だけではなく祐理が自分にしてくれたようにまた同じ事を自分がするという責任感というのか恩返しというのかそういった意味合いの方が強かったのかも知れません。
最初で最後?の家族団欒もありましたし・・・。
色々問題や障害が山積しているのは確かですがそこで大学の仲間達がきっと頼りになるのでしょうね。

当初余りのショックで★4だったのですが色々考えて★5に変更しました。
青天の霹靂とはよく言ったもので初回に「三姉妹可愛い」なんて言っていたのに一週間でこの結末ですから三話以降から始められなかったのかとか初回で今回の結末を明らかに出来なかったのかとか思ったりもしました。
ただ敢えてこういう形を取ったということは原作の存在があるにせよ今後の物語の展開に必要不可欠だからこそだったのでしょうね。
自分の考えは考えとして現時点で変わる事はないですが丁寧に描かれていた事は確かですし重要な回であった事も間違いないですから頭を冷やした結果(笑)のレイティング変更です。
どんだけ入れ込んでんだよ。(爆)
原作未読だとこういう事もあるんですね・・・原作であれば二話の時点で終わりということは珍しいでしょうからその先を続けて知る事が出来る筈ですね。
逆に原作を読んでいて構成が変わった作品があって確かに違和感はありましたが衝撃を受けるということはなかったです。(一応重い内容です)



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。


コメント・トラックバックは承認制となっています。(TBの言及リンクは不要です)
[申し訳ありませんが状況に依っては承認まで少々お時間を戴く場合があります。]