2013年04月05日(金)~08日(月)


-SEASON 1- 【2013春18きっぷ03】 [003]


関西遠征を敢行して来ました。

あれとかこれはあくまでも副産物で本命はこちらです。(笑)

そもそもの発端は一月に遡ります。
冬アニメ新番「たまこまーけっと」の聖地巡礼の動画を視てしまって京都に行きたくなったからなのです。
この動画がアップされたのは初回放送直後くらいでその熱さに感化されたところもありますが何処か遠くへ行きたいという衝動があったのも確かですしその流れでふらり旅シリーズが始まったのは確かです。(笑)

流石に三日の旅ですから現地は兎も角事前に往復の行程はきちんと練りました。
三日?(笑)
そうです・・・ふらり旅らしく急遽出発前日に旅立ったのでした。(爆)

まぁ結果的にこの判断がいい方向に向いたのも確かです。
今回は往復は兎も角現地では鉄道はあくまでも移動手段でありますが結局"乗り鉄"テイストでもあるのは否定出来ません。(笑)

四日分の記事の為(テキストはそこそこですが笑)画像が大量になりますのでこちらでは最小限にして一日毎に別リンクで画像は公開します。
結局のところ記事内リンクを作る程の超大作になってしまいました・・・。(汗)


2013年04月05日(金) 画像
2013年04月06日(土) 画像
2013年04月07日(日) 画像
2013年04月08日(月) 画像
あとがき

乗り物の写真5ブログトーナメント - 写真ブログ村
乗り物の写真5ブログトーナメント 参加しています。

----------------------------

【初日】 04月05日(金) 画像

当初は04月06日(土)出発で行程を組んだのですが前日(05日)10時頃に起床して天気が良かったですしまだ余裕で行けるのでは?と思ってしまって急遽気がつけば列車に乗っていました。(笑)
そもそも旅に三日と前後に一日の五日間休みを取っていたのでこういった芸当も可能だった訳ですが如何にもふらり旅らしいですし始発で汲々としなくて良かったです。
移動のみというのも距離があるだけに楽でした。

【 横浜駅 11:58 → 熱海駅 13:07 (快速3757M 東海道線) 75.8キロ 】

imageimageimage
完全な移動日と言う事で気が楽です。(笑)
グリーン車(平日950円)で横浜名物「シウマイ弁当」を食べながらノンビリとしたスタートでした。
天気も良かったですね。
[乗車69分乗換27分]

image
熱海では今回最大の待ち時間がありましたので途中下車してみました。
機関車の後ろには足湯もありました。

【 熱海駅 13:34 → 興津駅 14:32 (445M) 59.7キロ 】

imageimageimage
島田駅行きです。
ロングシート車だったので座れませんでしたが(18きっぱーと思しき方々多数笑)途中で始発電車に乗り換えるので無問題です。(笑)
天気は良かったのですが下り坂ということで富士山は雲に隠れていました。
[乗車58分乗換13分]

【 興津駅 14:45 → 浜松駅 16:15 (787M) 92.8キロ 】

image
こちらもロングシート車でしたが何と六両編成で始発以前に余裕でした。(笑)
途中ウトウトしていたので結構あっという間でした。
"静岡の苦行"は意外と楽だったかも知れません。
[乗車90分乗換05分]

【 浜松駅 16:20 → 豊橋駅 16:56 (957M) 36.5キロ 】

imageimage
座れませんでしたがこの区間では最早デフォですし乗車時間も短いので無問題です。(笑)
まぁホントは浜松駅始発で大垣方面若しくは静岡駅辺りから豊橋駅行きがあればいいんですけど・・・。
[乗車36分乗換05分]

【 豊橋駅 17:01 → 米原駅 19:10 (新快2341F) 152.3キロ 】

imageimage
今回一番大きかったのはこの列車かも知れなかったですね。
丁度名古屋圏のラッシュ時間帯に当りますので始発で座れて一気に関西入り出来ますからとても楽でした。
転換クロス車でまた快適でした。

image
旅のお供。
関東ではこのコーヒーのペットはスリムロングなんですよね。

大垣駅辺りですっかり暗くなって景色も楽しめなくなりましたが何故か気分は上々でした。
名古屋駅以西の在来線は一度だいぶ以前に乗った事があるだけというのもありましたし近頃は殆ど夜行バスだったので余計に楽しくなっていたのかも知れません。
終着近くになるとやはり18きっぱーと思しき方々が多かったように思います。
[乗車129分乗換08分]

【 米原駅 19:18 → 大阪駅 20:43 (新快3527M) 110.5キロ 】

imageimage
いよいよ東海道ロングランの最後です。
もう関西圏ということもあり余りにテンションが上がったからか日程にも余裕が出来たので思わずこのまま岡山駅辺り迄行って翌日四国に初上陸とか可能かな等とかなり本気で考えていたりしましたが度々入る「翌日の荒天で15時以降運休や間引き予定」の放送で止めました。(後で調べると姫路駅が行ける大都市ギリギリでしたが・・・)
まぁふらりも程々と言う事ですしそれはまたの機会ですね。
[乗車85分]

imageimage
約一年二ヶ月振りの大阪駅ですが大変な事になってました。(笑)
凄く奇麗でこういったダイナミックなデザインは珍しいのではないのでしょうか。

【 大阪駅 → 天王寺駅 (環状線外回り) 10.7キロ 】
[乗車21分]
【 天王寺駅 21:20 → JR難波駅 21:28 (快速515K 関西線) 3.5キロ 】
[乗車08分]

imageimageimage
大阪駅がゴールではなくまだ先があります。(笑)
珍しく環状線の外回りで天王寺駅を目指しました。(実はこちらの方が300m短いようです)
結構環状線には関西線や阪和線の快速が乗り入れて来てますね。
東京でも線路は別ですが同じ様なことはありますがこちらは線路が一緒なので凄いです。
天王寺駅で大和路快速(関西線)に乗り換えてJR難波駅がこの日の終着地です。
昼には横浜に居たのにこうして夜に大阪に来ているのは何とも言えない気分でした。

横浜駅-JR難波駅 09時間30分 8190円 541.8キロ
グリーン料金(平日51キロ超)950円


駅の外に出て人が多いなと思ったら金曜日でした。

戻る

----------------------------

【二日目】 04月06日(土) 画像

imageimageimage
さて二日目は先ずなんばから天王寺駅を目指してノンビリ歩いて行きました。
この後の天候を考えるとノンビリも出来ないところですが目的地に程好い時間に到着するのも大事です。
なんばパークスにはスケルトンなエレベーターがあって(しかも屋外)驚きました。
それと大阪のシンボル通天閣と新しいシンボルのあべのハルカスです。

【 天王寺駅 → 大阪駅 (環状線外回り) 10.7キロ 】
[乗車21分]
【 大阪駅 07:39 → 野洲駅 08:55 (718T 東海道線) 72.5キロ 】
環状線で大阪に出て各駅停車に乗りました。
直ぐには新快速が来なかったんですが車両は転換クロス車だったので快適でした。
[乗車76分乗換05分]

【 野洲駅 09:00 → 能登川駅 09:12 (新快3206M) 18.2キロ 】

image
野洲駅で後続の新快速に乗り換えました。
これで彦根駅迄一直線と思いきや気が変わってしまいました。(笑)
またこれでちょっと予定が変わってしまったのですがふらり旅ですから。
[乗車12分乗換13分]

【 能登川駅 09:25 → 彦根駅 09:39 (720T) 13.8キロ 】

imageimageimage
思い切って下車したのは駅名票が撮りたかったからです。(笑)
ところが思いがけず駅構内に桜が咲いていて得した気分になりました。
[乗車14分]

天王寺駅-彦根駅 2時間21分+α 1890円 115.2キロ


image
彦根駅で下車したのは残念ながらひこにゃんに会いに来た訳ではありません・・・。

【 彦根駅 09:55 → 高宮駅 10:04 (近江鉄道) 】

imageimageimage
本来の予定ですとこの日始発で東海道を下って昼過ぎに米原駅から近江鉄道に乗車予定でしたが急遽の前倒し(笑)の恩恵で午前中からとなりました。
が・・・これまた思いつきの能登川駅下車で米原駅迄行くとこの列車に間に合わない為に彦根駅からの乗車となりました。
近江鉄道は二回目ですが今回も完乗は持ち越しですね。(笑)
前回はフリーきっぷが550円でしたが800円にリニューアルされてました。(笑)
それでも全然お徳なんですが週末を選んだのはこの為というのもあります。
[乗車09分乗換04分]

【 高宮駅 10:08 → 多賀大社前駅 10:14 】

imageimageimage
高宮駅では向かい側のホームに単行電車が待っていました。
近江鉄道は西武鉄道傘下なのでレオマーク付きです。
ホームの桜の木が奇麗でした。
多賀大社前駅迄道中の景色も桜が多くて印象的でした。
[乗車06分]
彦根駅-多賀大社前駅 29分 290円


image
駅から近ければ多賀大社へ行きたかったのですがちょっと距離があるようで今回は乗り潰しが第一目的でしたし断念しました。
雨もポツリポツリと落ち始めて来て風もだいぶ強かったです。
丸ポストはレアですね。

【 多賀大社前駅 10:33  → 高宮駅 10:38 】

image
横型の駅名票はなかったです。
来た時と同じ車両で高宮駅に戻りました。
[乗車05分乗換28分]

【 高宮駅 11:06 → 豊郷駅 11:14 】

imageimage
彦根駅方面の接続はいいのですが貴生川駅・近江八幡駅方面は良くないですね。
待っている間は風が強くて寒かったのです。
更に横殴りの雨も降り出しましたが昔ながらの待合室があったので助かりました。
彦根駅からは列車に乗っているより待っている時間の方が長かったですね。(笑)
[乗車08分]
多賀大社前駅-豊郷駅 41分 350円


imageimageimageimage
最初の目的地はテレビアニメ「けいおん!」でお馴染の旧豊郷小学校です。(学校自体は隣接敷地の新校舎で存在)
風雨が強まって外観写真が上手く撮れなかったですね。(その分人が少なくてそこの苦労はなかったですが笑)
約二年半振りでしたが一度行っているだけにあっさり到着出来ました。
音楽(準備)室の雰囲気も若干変わったようにも思いましたがいい雰囲気です。
前回は使用中ということもあり叶わなかった講堂の見学も出来ました。
天候悪化で15時迄が勝負(JR基準笑)と予定していたので駆け足で見学をして駅に戻りました。
駅との往復で20分で見学20分(二度目なので)と言ったところです。

【 豊郷駅 12:14 → 貴生川駅 13:13 】

cf5a2a94image
雨はそれ程でもないのですが風が強くて往生しました。
豊郷滞在一時間となりましたがまた行きたいですね。
天気は悪かったですが沿線の景色は桜が多くて印象的でした。
昼間は一時間ヘッドのようなのでその点単線でも特に列車交換で長時間の待ち合わせもなくて順調でした
[乗車59分乗換08分]
豊郷駅-貴生川駅 59分 860円


image
三系統の路線が乗り入れている駅ですね。

【 貴生川駅 13:21 → 草津駅 13:45 (5359M 草津線) 21.4キロ 】

imageimage
貴生川駅でJR草津線に乗り換えました。
車両は懐かしの111系です。
当初の計画ではこの日始発で横浜を出て豊郷に寄ってから逆方向の柘植駅に向う予定だったのですが草津駅へ向いました。
[乗車24分乗換--分]

【 草津駅 13:59 → 石山駅 14:05 (781T 東海道線) 7.7キロ 】

image
本来の乗り継ぎですと13:52発の新快速(3267M)となるところですが既に強風の影響で列車に遅れが出ていたようで13:44発(779T)の各停に乗る事が出来ました。(キチンと確認していませんが多分間違いないです)
[乗車06分]
貴生川駅-石山駅 59分 860円 29.1キロ


【 京阪石山駅 14:09 → 近江神宮前駅 14:29 (京阪 石山坂本線) 】

imageimageimage
JR石山駅で改札を出て京阪電車に乗り換えましたがこちらもJRダイヤの遅れで逆に14:02の電車に乗れました。
後で知ったのですが京阪石山駅はテレビアニメ「中二病でも恋がしたい」に出て来たようです。(京阪や琵琶湖近辺は聖地が多いのですが天気が良ければそちらも寄りたかったところです。)
あと改札前で「スルッとKANSAI」云々の文字がちらっと見えたので「PiTaPa」(suica)は使えないのかと思って切符を買ったのですが降りる時に使えることに気付きました。(後で調べたら磁気かICかの違いで同じ団体の発行なんですね・・・まぁ必ずしも両方導入しているとは限らないようですが)
まぁ結果下車の際に切符を差出しそびれて手元にある訳ですが。(笑)
京阪電車は路面区間もあったりして滋賀の江ノ電といった趣があります。
途中で「ちはやふる」のラッピング電車と擦違いましたが原作画だったので迫ってくるような妙な迫力がありました。(笑)
遠目からも直ぐに気が付きましたね。
[乗車20分]
京阪石山駅-近江神宮前駅 20分 230円


imageimageimage
この日二番目且つ最終目的地の近江神宮です。
テレビアニメ「ちはやふる」でもお馴染の百人一首で有名な神社です。(かるたの名人戦クィーン戦が行われている場所です)
流鏑馬も行われるようですね。
午前中多賀大社にお参りしなかったのもこちらに参拝予定だったからということもありました。
ゆっくり境内も散策したかったところですが雨が強くなって来たこともあり参拝して御神籤だけ引いて駅へと再び戻りました。
やはり朱が鮮やかな楼門は印象的でした。

【 近江神宮前駅 15:09 → 浜大津駅 15:15 (京阪 石山坂本線) 】

image
(こちらも実際は14:54発浜大津駅15:00着だと思います・・・ハッキリしませんが神宮参拝往復は最短30分程度かと)
帰りはバッチリsuicaを使いました。(笑)
15時をリミットにしていたのは正解だったようで断続的な強い雨になりましたが電車に乗ってしまえばこちらのものです。
京阪電車に関しては風の影響もそれほど受けないようで特に遅れはありませんでした。
[乗車06分乗換03分]

【 浜大津駅 15:18 → 京阪山科駅 15:31 (京阪 京津線) 】

imageimage
(上記同様15:03発京阪山科駅15:16着)
浜大津駅で京都方面に乗換ですが対面ホーム連絡で楽でした。
京津線のハイライトはやはり出発直後の併用(路面)軌道区間ですね。
石山坂本線も同様に分岐してからも併用区間がありますがこちらはフルサイズ車両(京都市営地下鉄乗り入れ)なので迫力があって全国でも珍しい光景ですね。
こちらも天候が良ければ下車して外からの光景も写真に収めたかったところです。
[乗車13分]
近江神宮前駅-京阪山科駅 22分 230円


image
京阪の駅はJR改札の直ぐ傍の地平にありました。

【 山科駅 15:27  → 京都駅 15:32 (1827M 東海道線) 5.5キロ 】

image
約90分振りのJR線は更に混乱しているようでした。
18きっぷの場合は有人改札から入場しなければならないのですが問い合わせの人が居て行列が出来ていて若干待たされました。
まぁきっぷを掲げて入場してもよかったと思うのですが無用なトラブルは避けたいですし急ぐ(遣り取りの様子から直ぐに列車が来る気配もない)旅でもありませんから。
入場すると案の定階段下やホームにも人が多くて列車に遅れが出ているのか15時を過ぎていますので間引きがあったのかも知れません。
予定は消化出来ましたので焦る必要はないので取り敢えずやって来た湖西線からの京都止まりの列車に乗りました。
時計を見ていなかったので定かではありませんが若しかすると15:14発(2847M)が遅れていた可能性もありますね。
因みに内側ホーム(緩行線)に着いたのですが駅名票が外と違うんですよね。(内は隣駅が"おおつ"としか記載されていない)
山科駅の運用はよく判らないのですが湖西線の列車は外側じゃないんですかね?
このあたりも荒天の影響だったのかなと思ったりもします。
[乗車05分乗換--分]

【 京都駅 15:49 → 奈良駅 17:04 (645M 奈良線) 41.7キロ 】

imageimageimage
取り敢えず京都駅まで来ましたがまだ16時前でどうしようかと思いました。
このまま大阪市内に戻るのも芸がないですが荒天で京都市内を廻るのもどうかと思いますし"乗り鉄"も遅れは兎も角運転見合わせにでもなったら目も当てられません。
そこで奈良線です。(笑)
最悪奈良駅に行けなかったとしても京都駅に戻れれば何とかなりますし途中駅でも京阪や近鉄といった代替の路線もあります。
まぁ荒天のピークは夜ですし平野部を走る路線でもありませんからそれほど心配はないだろうとは思っていました。
宇治駅辺りが予想外に(失礼)開けていて驚いたりしましたが山間部を走るということでもありませんね。
多少の遅れはあったのかも知れませんが(単線区間がある)何事もなく奈良駅に到着しました。
お隣の平城山駅が「ならやま」とはこれも勉強になりました。
[乗車75分]
山科駅-奈良駅 1時間37分 820円 47.2キロ


imageimage
奈良に来るのは中学の修学旅行以来かも知れません。(笑)
17時過ぎですが天候が優れないのにも関らず結構明るくて西日本なんだなと実感しました。
ただ観光は天候以前に難しいかなといったところで諦めました。(天気が良ければ散策くらいは可能だったでしょうね)

【 近鉄奈良駅 17:46 → 大阪難波駅 18:24 (近鉄 奈良線) 】

imageimage
当初の予定で貴生川駅・柘植駅(関西線)から奈良経由で大阪入りというものだったのが奇しくも思いつきで実現しました。(笑)
まぁ京都駅の時点で考えたのですけども近鉄特急も修学旅行以来です。
喫煙室が設けられていて重宝しました。
あっという間でしたがゆっくり出来ました。
[乗車38分]
近鉄奈良駅-大阪難波駅 38分 540円+500円


image

天王寺駅-大阪難波駅 11時間15分+α
[1890円(115.2)+860円(29.1)+820円(47.2)=3570円(191.5キロ)]
800円 [290円+350円+860円=1500円]
230円
230円
540円+500円


そんなこんなで時間との闘い?の二日目は無事終了しました。
ざっくりとした計画の割には順調だったですね。

戻る

----------------------------

【三日目】 04月07日(日) 画像

本日は近江神宮の予定を前日に消化したので新たな予定を組み込みました。(笑)
天気は雨こそ上がっていましたがすっきりとはいかなかったです。
先ずは大阪に来ると大抵お世話になる御堂筋線に乗りました。

【 なんば駅 → 淀屋橋駅 (大阪市営 御堂筋線) 】
[乗車06分]
難波駅-淀屋橋駅 06分 200円


【 淀屋橋駅 → 樟葉駅 (京阪 本線 特急) 】

imageimage
大阪に来ると必ず乗っている御堂筋線で淀屋橋駅へと向い初めて京阪線に乗りました。
実は数年前に京都で乗る機会もあったのですが結局その時は時間の関係で乗りませんでした。
淀屋橋駅は地下ですが一つの番線を縦に分けて二つにしていたり切り欠けホームがあったりと中々珍しい構造でした。
また特急等の場合整列乗車を促す為一旦乗車位置の手前で停車して降車完了後乗車位置に移動するというのも初めて見ました。
因みに京阪は京都方面が上りになるようです。
[乗車28分乗換04分]

【 樟葉駅 → 淀駅 (京阪 準急) 】

imageimage
乗換の為下車しました。
ずっと「しょうよう」だと思っていましたが「くずは」です。(笑)
音の響きは余りいい感じがしません。
漢字でも平仮名ではそういったこともないのですが(平仮名は寧ろ可愛らしい)自分が関東人だからなのか単に個人的な感覚なのかどうなんでしょう。
緩急接続がなかったのでホームで少し待ちましたが京阪では喫煙コーナーが健在でした。
まぁJRの冷たいこと・・・。(笑)
嫌煙権も大事ですが過剰な対応は余りにもエキセントリックに感じてしまいます。
[乗車10分]
淀屋橋駅-淀駅 42分 380円


imageimageimageimage
この日最初の目的地は京都競馬場です。
別名「淀」と言われるだけあって淀駅の目の前にありました。
この日の競馬開催はありませんでしたが「桜花賞」(阪神競馬場)当日ということもあり寄りました。
仁川(阪神)に行く事も考えてはいたのですが今回は方向が逆(兵庫県)なので断念しました。
芝生がとても奇麗で印象的でJRAの競馬場に来たのは中山・東京(府中)に続いて三箇所目でした。
場内をさっと廻って勝ち馬投票券(馬券)を購入して早々に次の目的地へと向いました。

【 淀駅 → 藤森駅 (京阪 本線) 】

image
多分準急(萱島駅からは各駅に停まります)に乗りました。
丹波橋駅で特急に抜かれましたが退避列車の運転士さんが(確か車掌さんも)安全確認でホームに立っていたので物珍しく感じました。
運転士さんの発車時の後方目視とかもそうですが関東では見掛けたことはありませんね。
[乗車15分]
淀-藤森駅 15分 260円


imageimageimageimage
藤森(ふじのもり)駅で下車したのはテレビアニメ「たまこまーけっと」の聖地があるからです。
三日目にして漸く元々の旅の由来に辿り着きました。(笑)
駅周辺やその脇を流れる琵琶湖疎水等がモデルとして描かれています。
そして駅から数分歩くと突如閑静な街中に現れるのが聖母女学院です。
アニメの高校のモデルで元々は旧陸軍16師団庁舎という明治時代からの歴史ある建物です。
幼稚園から短大まであるようですが名前の通り基本女子校(中学から)なので当初の予定通り日曜に訪れました。
自分の場合この目で見て写真に収めれば満足なのでそれ程長居することはありませんが時折"聖地"での振る舞いがトラブルに繋がるような話もありますしそれと熱心に聖地を巡る皆さんに迷惑を掛けてもいけませんから早々に立ち去りました。(残念ながらこういったご時世ですから極普通に撮影をしていても不快に思われる方もいるようです。)
尤もこの時は雨が降ったり止んだりで車は時折走っていましたが警備員さん以外殆ど人通りはなかったです。(笑)

【 藤森駅 → 丹波橋駅 (京阪 本線) 】

imageimage
さて”学校"も見れましたので次の目的地へ向うため再び来た道を下ります。
普通に乗りましたが昼間は(天満橋駅で分岐する)中之島駅行きに統一されていてその他の種別は淀屋橋駅行きとなっているようです。
[乗車04分乗換02分]

【 丹波橋駅 → 中書島駅 (京阪 特急) 】

imageimage
あと二駅なので乗換の必要もないのですが先発するので特急に乗り換えましたら普通の車両?でした。
10分ヘッドで走っていますからそういうこともあるのでしょう。
[乗車02分乗換04分]

【 中書島駅 → 木幡駅 (京阪 宇治線) 】

imageimage
淀駅の隣まで戻って中書島(ちゅうしょじま)駅で宇治線に乗り換えました。
この近辺にも「たまこ」の聖地があるようですが下車はしません。(笑)
[乗車08分]
藤森駅-木幡駅 18分 260円


imageimageimageimage
この日三箇所目は京アニショップ(実地店舗)です。
京都アニメーションの本拠のひとつですね。(本社も近くにあるようです)
先程の「たまこ」や「中二病」「けいおん!」「ハルヒ」等を手掛けています。
ショップ自体は通販がメインで実店舗はここだけなので機会があれば訪れてみたいとずっと思っていましたのでやっと念願が叶いました。
まぁこじんまりとしたお店でしたが聖地の趣に溢れていました。
ハルヒの下敷きセットとけいおんのマウスパッドを買いましたが嬉しい事にけいおんの手提げ袋に入れてくれました。
ギリギリ京都市といった感じですが殆ど宇治市のような気もします。(笑)
まぁ京都府とすれば無問題でしょう。(爆)

【 木幡駅 → 中書島駅 (京阪 宇治線) 】

image
さてまだまだ予定がありますので早々に来た道を戻りました。
短い時間でしたがこの時点で結構な満足度でしたね。(笑)
因みにこちらの駅は「こわた」駅ですがJR奈良線の方は同じ字で「こはた」だそうです。(両駅は数分の距離のようです)
[乗車08分乗換03分]

【 中書島駅 → 出町柳駅 (京阪 本線 鴨東線 特急) 】

imageimage
中書島駅からは特急で一路終点を目指しました。
昔は確か三条駅が終点(起点)だったと記憶していましたが鴨川沿いの地下化と共に鴨東(おうとう)線が新設され出町柳駅まで延伸されたそうです。(運行上は直通していますからまぁどうでもいいことではありますが)
[乗車17分]
木幡駅-出町柳駅 28分 360円


imageimageimage
出町柳駅傍の鴨川(出町)デルタです。
こちらは「けいおん」「たまこ」等に出て来る場所です。
特に意識はしていなかったのですが完全に京アニの旅になっていますね。(笑)
ここで加(賀)茂川[左]と高野川[右]が合流して鴨川となるそうです。
亀石(飛び石)も高野川の方を歩いてみました。
雨は止んでいましたが風が強く冷たくて早々に退散しました。

【 出町柳駅 → 修学院駅 (叡山電鉄 本線) 】

imageimage
また可愛らしい列車に乗りました。
一日乗車券(1000円)購入を迷ったのですがそこまで乗る事はなさそうだったので見送りました。
宝ヶ池駅で分岐する本線が単行で鞍馬線が二両編成といった感じでしたが先発する鞍馬線の方に乗りました。
[乗車07分]
出町柳駅-修学院駅 07分 200円


imageimageimage
修学院駅も「けいおん」の聖地で周辺にも点在するようですね。

【 修学院駅 → 京都精華大前駅 (叡山電鉄 本線 鞍馬線) 】

imageimage
何故京都精華大前駅迄行ったかといえば単なる間違いです。(笑)
まぁ京都精華大学もアニメに縁があると言えばあるのですが・・・。
直ぐに引き帰そうとしましたが中々列車が来なくて陽射しが出ていたのですが風が冷たくてちょっと辛かったです。
[乗車10分]
修学院駅-京都精華大前駅 10分 260円


【 京都精華大前駅 → 茶山駅 (叡山電鉄 鞍馬線 本線) 】

image
何とか引き帰してこの旅初めてワンマン列車で料金箱にお金を入れました。
[乗車13分]
京都精華大前駅-茶山駅 13分 370円


imageimageimage
何故か叡山電車の駅全てではありませんでしたが今季新アニメ「ゆゆ式」のポスターが貼ってありました。
京都が舞台ということではないと思いますが馴染み深い出版社(芳文社)繋がりでしょうかね。
そして正解は京都造形芸術大学でした。(笑)
この正門は「けいおん」に出て来ました。
「けいおん」(原作は芳文社)や「たまこ」の監督(山田尚子)さんの出身校でもあります。
階段が歩道まで繋がっている面白い作りですが(環境面に配慮?)門が途中にあるのである意味歩道側はパブリックスペースのようでもありますね。
このあと出町柳駅方面へと徒歩で戻りました。
決して運賃が惜しくて歩いた訳ではないので悪しからず。(笑)
400円で済むところ830円遣ってしまったからではないですよ。(爆)
京都の空気に触れようかと思ったのですが普通の市街地でした・・・。

imageimageimage
出町柳駅から河合橋と出町橋を渡ると出町枡形商店街です。
「たまこ」のうさぎ山商店街のモデルです。
おもち屋さんのモデルは「出町ふたば」さんのようですが商店街の脇にあって凄い行列でした。(最初の写真の左側です・・・こちらは商店街には加盟していないようですね)
商店街の中も往復してみましたが活気があって素敵なところでした。

【 出町柳駅 → 三条駅 (京阪 鴨東線) 】

image
[乗車04分乗換02分]

【 三条駅 → 祇園四条駅 (京阪 本線 特急) 】

imageimage
[乗車01分]
出町柳駅-祇園四条駅 07分 210円


image
祇園四条駅から橋を渡って河原町で一休みでもと思ったのですが凄い人出でテンションが下がりました。
今年は前倒しになったとは言えまだまだ桜のシーズンですから致し方ないところもありますが流石に寒さと疲労には勝てず京都を離れる事にしました。
まぁそれでも暖かければ京都市内を廻るというのでも良かったのですがそれ以前に別の予定を思いついてしまいました。(笑)

【 河原町駅 → 淡路駅 (阪急 京都本線) 】

image
久し振りの阪急です。
その時は梅田駅迄乗りました。
ウトウトしていたらあっという間でしたが陽射しが戻ったと思っていたら下車する頃にはまた雲ってしまいました。
[乗車35分]
河原町駅-淡路駅 35分 360円


imageimageimageimageimageimage
淡路駅は京都本線と千里線の平面交差で有名だったりしますがそれを解消するべく工事が始まっていました。
なので駅前の再開発も始まっていて一苦労でしたが遅い昼食を摂りました。
そしてこの日最後の目的地は赤川仮橋(鉄橋)です。
JR西日本城東貨物線淀川橋梁に付随して設けられている人道橋ですが今秋には旅客複線化の為にこの珍しい風景もなくなってしまいます。
それ以降は1キロも離れた橋を利用しないといけないそうですがかなり人通りや自転車も多くて大変そうですね。
木造の橋で近年になって床に鉄板を敷いたそうですがそれでも迫力がありました。
本来は翌日の午前中に予定していて(平日で列車本数が増える)この日は下見のつもりでしたが運良く列車の通過も写真に収められました。
列車の通過音は凄かったですが案外怖いということもなかったですね。
寧ろ歩き出して風も強かったですから最初のインパクトが勝っていたかも知れません。
実は線路沿いに橋へ向う途中で列車の通過を見たので無理かなとは思っていたのですが食事をしなければ二本も収められていたということですね。(笑)
上空は伊丹空港に着陸する航空機が頻繁に通過していたりして中々楽しげな場所なので秋までにまた機会があれば寄りたい場所です。
一応これで予定は全て消化出来ましたし翌日は朝から帰ることに決めて離脱しました。

2860円
200
1260(380/260/260/360)
830(200/260/370)
210
360


結局最後も大阪駅の方迄歩いてしまい何だかよく歩いた一日でした。
偶々S宮高校の前を通ったんですがまだ明るい17時過ぎだというのに人気がなくて何か色々と思うところがありました。
・・・言いませんが。(笑)

戻る

----------------------------

【最終日】 04月08日(月) 画像

さて最終日は前日決めた通り当初の予定を変更して朝から帰ることにしました。
深夜アニメもゆっくり視たいですし。(笑)
寒さはありましたが天候は回復していい天気でした。
まぁただ帰るのも面白くないので新たなプランは練ってありました。

【 大阪駅 → 新今宮駅 (大阪環状線) 10.0キロ 】

imageimage
先ずは環状線で大阪駅を離れました。
ラッシュ時ですがホームの混雑の割には思った程ではありませんでした。
まぁ首都圏が異常なのは確かです。(笑)
[乗車18分乗換--分]

image


【 新今宮駅 08:30 → 加茂駅 09:28 (快速322K 関西線) 51.5キロ 】

imageimage
少し待って向いのホームから関西線の快速に乗り込みました。
見事にガラガラで吃驚しましたが時間的なものだけではなく職住接近だとか人の流れ自体が違うのでしょうね。
二日目に乗った近鉄線は生駒山をトンネルで貫いて大阪に入りましたが関西線は大和川に沿う様に奈良県に入りました。
特別寺院や歴史を感じさせるような風景ではないのですが不思議と京都とはまた違った空気感があるような気がしました。
奈良駅から木津駅迄は二日目に乗りましたが木津駅のひとつ先が終点の加茂駅でした。
[乗車58分乗換08分]

【 加茂駅 09:36 → 亀山駅 10:59 (230D) 61.0キロ 】

imageimage
若干時間があったので買い物で改札の外に出たりしましたが加茂駅からは同じ関西線でも非電化となります。
列車は二両編成でロングシートとセミクロスでしたが生憎空席がなくて立つ事になりました。
年配の方が多かったですね。
まぁまだ朝ですし荷物さえ置ければ楽なものですし景色も楽しめました。
沿線には笠置駅の柳生の里であったり伊賀上野駅の忍者(服部半蔵)であったり深夜アニメでもお馴染の歴史に関る場所が点在していますね。
柘植駅では草津線との接続もありましたがここは唯一JR西日本の電車が三重県に乗り入れている場所だそうです。
当初の初日の予定ではは草津線で貴生川駅から柘植駅に来て奈良駅に向う行程でしたから逆の行程で辿り着いた訳ですね。
先程の伊賀の忍者に対する甲賀忍者の里は草津線沿線ですが忍者は「こうが」と一般的に濁りますが「こうか」が正しいようです。(フィクションでは伊賀と甲賀の対立軸が描かれたりしますが実際はそんなこともなかったようです)
景色を眺めながら色々と思いを馳せていましたので退屈もなくあっという間に亀山駅に到着しました。
[乗車83分乗換25分]

【 亀山駅 11:24 → 名古屋駅 12:35 (快速2304G) 59.9キロ 】

imageimage
亀山駅では多少時間もあったので駅の外に出てみましたが見事に何もなかったです。
折角三重県は通過する機会が度々あっても足を降ろすことはなかったのでちょっと残念でした。
ただ紀勢線の起点でもある鉄道の要衝も伊勢や南紀方面のバイパス(伊勢鉄道)や自動車には勝てないということもあるでしょうけども地方の中堅都市は軒並み似たような感じはありますね。
亀山駅からは電化もされていますので中々快適でした。
快速なので桑名駅から名古屋駅迄ノンストップになるのですが単線区間もあるのでしっかり(列車交換の)運転停車をしていました。(相手も快速で颯爽と走り去って行きました)
関西線は首都圏で言えば八高線みたいな感じなのかなと思いました。
[乗車71分乗換分]

【 名古屋駅 12:47 → 豊橋駅 13:37 (新快2330F) 72.4キロ 】

imageimage
もうここからはお馴染の東海道線でテンションもガクッと下がりました。(笑)
天気は相変わらず良かったです。
[乗車50分乗換04分]

【 豊橋駅 13:41 → 浜松駅 14:15 (954M) 36.5キロ 】

imageimage
更に憂鬱な(笑)静岡の苦行の始まりです。
強風の影響で折り返し列車の若干の遅れがありましたがそれ以前に例に依って座れませんでした。(笑)
[乗車34分乗換13分]

【 浜松駅 14:28 → 静岡駅 15:42 (798M) 76.9キロ 】

imageimage
往路同様道中結構ウトウトしていたのであっという間でした。
興津駅行きですが後続の始発に乗るために静岡駅で下車しました。
終点迄行ってもこの列車に乗ることになります。
静岡地区の場合全ての列車が熱海駅に乗り入れる訳ではないのでこういった変則的な乗り継ぎも珍しくありません。
[乗車74分乗換23分]

【 静岡駅 16:05 → 熱海駅 17:25 (1462M) 75.6キロ 】

imageimage
静岡駅ではちょっと時間もありましたので外に出てみたりもしましたがいい天気でした。
いよいよこの旅もラストスパートといったところです。

image
富士山と富士川です。
冬の様な陽気に戻ったせいか奇麗でした。
最後のクライマックスでしょうね。(笑)
[乗車80分乗換分]

【 熱海駅 17:32 → 横浜駅 18:42 (快速3768M) 75.8キロ 】

imageimage
やっとJR東日本管内に戻って来れて一安心です。
多少の遅れがありましたが前夜の事故の影響ではなく強風でしょうね。
グリーン車に乗ろうかと迷ったのですが熱海駅到着前に大島が見えたので写真が撮れたらいいなと思って止めました。
結局無理でしたが。(笑)
[乗車70分]

大阪駅-横浜駅(関西線経由) 10時間35分+α 7980円 519.6キロ


image
無事に全ての日程を消化して帰って来れました。

戻る

----------------------------

【あとがき】

基本ふらりと思い付きで行動して且つ思い描いた場所にはちゃんと行けましたので楽しかったです。
何と行っても一番大きかったのは前倒しで前日出発したことで荒天の影響を最小限に出来たことでしょうね。
元々旅三日に前後一日で休暇を取っていましたが四日間で前後を移動に専念というのも18きっぱーとしては楽でした。
交通費としては18きっぷを除けば5000円程度ですからかなりリーズナブルでした。
結局は”乗り鉄”的な行動が中心となってしまいましたがそれはそれで楽しいものです。
奈良線と関西線の完乗とか京阪電鉄とか滋賀や京都で可愛らしい電車に乗れたのも良かったです。
それにアニメ関係と赤川鉄橋という本来の目的もきちんと消化できました。
時間は無限ではないですしあれもこれもと欲張っても肝心な部分を外してしまっては仕方がありませんから的を絞りつつ思い付きで行動するのが一番楽しいものだったりします。

戻る

----------------------------



最後迄お付合い戴きまして有難う御座いました。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi

RdXUAgFDEku1sEr1382517846_1382517858
何時も有難う御座います。
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。

コメント・トラックバックは承認制となっています。(要TB言及リンク)
[申し訳ありませんが状況に依っては承認まで少々お時間を戴く場合があります。]