行って来ました。


江ノ島電鉄×ハナヤマタ 夏は江ノ電、しませんか?
スタンプラリー


先頃大好評のうちに最終回を迎えたテレビアニメ「ハナヤマタ」(テレビ東京ほか)のスタンプラリー(2014年09月01日~30日)が江ノ島電鉄で開催されているので参戦して来ました。
江ノ電(江ノ島電鉄線 藤沢駅-鎌倉駅 10.0キロ)の乗車は今年一月以来でした。
無論今回もスタンプラリー以外はほぼノープランです。(笑)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【 逗子駅 → 鎌倉駅 】
imageimageimage
今回は職場からの直行だったので京浜急行の新逗子駅から徒歩でJR逗子駅へ向かって横須賀線で鎌倉駅に行きました。
逗子は乗り換え(割と歩く)のみでしたが約10年振りでした。
乗車列車は湘南新宿ラインの宇都宮駅行でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[鎌倉駅] 「タ」 西御門多美(CV大坪由佳)

image
JRの券売機でお得なフリーパス(700円)を購入して江ノ電の鎌倉駅に入場する(笑)という不思議な感じもありましたが早速スタンプラリーのスタンプを発見しました。
台紙も用意されていましたので最初のスタンプを押しました。
imageimage
台紙は想像とは違って少し小さくB5サイズの二つ折り(B6)でした。
順路としては起点の藤沢駅が最初なので今回は逆打ちとなります。
まぁ順番は関係ないのですけど。(笑)
imageimageimage
始発駅だけあってディスプレイも華やかでした。


【 鎌倉駅 → 長谷駅 】
image
今回ハナヤマタ仕様の車両も運用中でしたので来ないかと期待していましたがそんな都合のいい展開がある筈もなく到着の折り返し列車で次の目的地となる長谷駅へと向かいました。
車内は観光客や地元の方々で大混雑していました。
外国の方も少なくなかったですね。
長谷駅で多くの乗客と共に下車しました。


[長谷駅] 「マ」 常盤真智(CV沼倉愛美)
image
二つ目のスタンプをゲットしました。
imageimage
広いスペースがない事もあってか控えめな感じでした。


【 長谷駅 → 稲村ヶ崎駅 】
image
江ノ電は全線単線で昼間は12分ヘッドで運行されていてこの長谷駅のほかに稲村ヶ崎駅・峰ヶ原信号場・江ノ島駅・鵠沼駅で必ず列車交換が行われています。
何れかの対向列車がハナヤマタ車両ではなかったので引き続き後続列車で次の七里ヶ浜駅へと向かいました。
image
途中交換駅の稲村ヶ崎駅で対向にハナヤマタ号がやって来たので迷わず乗り換えて鎌倉駅へと戻る事となりました。(笑)


【 鎌倉駅 → 藤沢駅 】
BlogPaint
一旦スタンプラリーは中断してハナヤマタ号の折り返し列車に再度乗車しました。
等間隔ダイヤの為か車掌さんは大忙しでした。
imageimage
ハナヤマタ号は二両編成ですが四両の併結で運用されていたので藤沢駅方のヘッドマークは車両中間となっていました。(夫々の編成との車内移動は不可能)
imageimageimageimage
車内もハナヤマタ一色で二両編成とも同一のようでしたが車両の向きが違うので逆になっていた模様です。
中吊りはそろそろ掲示からひと月になろうかというところでしたのでかなり草臥れたものも見受けられました。
また藤沢駅方車両後方扉付近で一組の欠損(持ち去りではないと思いますが・・・)がありました。
imageimageimageimage
最初に乗車した列車程ではなかったのですが途中駅からの大量乗車もあって混雑していたのでボチボチ隙を見つけて撮影していました。
個人的には記念の意味合いが大きいので(あとブログ掲載笑)フルコンプや記録といった事は考慮していませんから無問題です。
imageimageimageimage
昼間時間帯ですとやはり江ノ島駅で空きますがそのまま藤沢駅迄完乗しました。


【 藤沢駅 → 七里ヶ浜駅 】
image
藤沢駅からも折り返し列車の乗車となりました。
スタンプ設置駅ですが取り敢えずスルーして・・・というより乗降が別ホームに分かれているのでギリギリになってしまいました。
四両編成なので思った以上に結構な距離(藤沢駅の場合は到着時後方がハナヤマタ号で乗車時は先頭側)がありました。
imageimageimage
天気が良かったというか良過ぎでしたね。(笑)
ハナヤマタ号を充分堪能して七里ヶ浜駅で下車しました。


[七里ヶ浜駅] 「ヤ」 笹目ヤヤ(CV奥野香耶)
imageimageimage
三つ目のスタンプをゲットしました。
一本だけのそれほど広くないホームに設置されていてやはり更に(笑)寂しげな雰囲気になっていました。


ここでそのまま一旦駅から離れて戻る形となりましたが隣の鎌倉高校前駅迄歩きました。
最初にほぼノープランと書きましたが鎌倉高校前駅での撮影(勿論ハナヤマタ号)は決めていました。
スタンプラリーの途中設置駅はしっかり把握していなかったのですが七里ヶ浜駅がそうだと知って歩く事にしました。
次に列車にのっても良かった(逆方向なので待ち時間は12分よりかなり短い)のですが鎌倉駅に向かったハナヤマタ号が戻って来る迄それなりに時間もありましたから丁度よかったと思います。
image
中間に峰ヶ原信号場もあって鎌倉高校前駅方はいい撮影ポイントなんですが生憎ハナヤマタ号のヘッドマークは反対(七里ヶ浜駅)側でしかもそちらは道路から内陸側に離れているのです。(画像は今年一月撮影)
まぁ時間の余裕があるのでのんびりと歩きましたが余りにも天気が良過ぎて軽くバテました。(笑)
BlogPaintimage
ハナヤマタに限らず映像作品でもすっかりお馴染みの鎌倉高校前信号の踏切です。
確か踏切正面から江ノ島が写りこんでいるカットがあった記憶がありますが実際は右の画像のような角度となります。
丁度工事が始まっていてカオスな景観でしたが撮影ポイント近くにはアニメファン・カメラファン(と思しき方々)が十数人居てそちらも中々でした。(笑)
image
逆光でした。(爆)
好天の日は午前中がベストですね。
image
撮れました。(笑)
補正の仕方がわからなかったので江ノ島を一緒に収める事は諦めました。
imageimage
確かに天気は望みましたがホント良過ぎる程でしたね。(笑)


【 鎌倉高校前駅 → 江ノ島駅 】
image
ハナヤマタ号を見送って後続列車に乗車しました。
丁度下校ラッシュ(当然鎌高生?)と重なって混雑していました。


[江ノ島駅] 「ナ」 関谷なる(CV上田麗奈)
image
上り(藤沢駅方面)ホームに併設されている待合室の設置されていました。
待合室は半分が常設展示スペースにもなっていてより華やかな雰囲気でした。
これで鎌倉駅を出発して約二時間でリーチとなりました。
image
このまま後続の列車に乗れば藤沢駅のゴールは直ぐですがもう一箇所だけ寄り道の為に駅を出ました。


江ノ島駅の改札を出て江ノ島方面へ向かって左折しました。
数分すると右手に現れます。
image
えのでんはうすです。
通常は土日や夏休み等に開いているとこの日初めて知ったのでちょっと心配でしたが開いていて一安心でした。
imageimage
こちらでは「ハナヤマタ展inえのでんはうす」としてキャンバスアートやポスターの展示が行われていました。(~09月30日)
imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage
メインキャスト五人のサイン(色紙がコンパクトで可愛いかったです)もあってこういった展示も良かったです。


【 江ノ島駅 → 藤沢駅 】
image
スタンプコンプリートを目指して藤沢駅へと向かいました。
もう既に一回行ってましたけどね。(笑)


[藤沢駅] 「ハ」 ハナ・N・フォンテーンスタンド(CV田中美海)
image
三時間程掛けてゴールとなりました。
通常だと7~80分で可能だったと思います。
BlogPaintimageimage
スタート時には太陽燦々でしたがすっかり陽は傾いてしまっていましたが何とか夕方のラッシュ前にコンプリート出来てよかったと思いました。
image
早速改札窓口で商品を戴きました。
image
チーム"ハナヤマタ"(メインキャスト五人)のオープニングテーマ「花ハ躍レヤいろはにほ」の江ノ電限定きせかえジャケットです。
imageimage
本格的なものでしたね。
この話を知ってアニメ(通常)盤を購入しようかと考えていたのですが限定盤仕様になっていました。(商売上手爆)


【 藤沢駅 → 腰越駅 】
image
一旦駅の外に出ましたがそのままJRに乗って帰るのも面白くないのでもう一箇所寄る事にして再び江ノ電に乗車しました。
image
特例で併用を認められている区間を過ぎて腰越駅で下車しました。
(江ノ電は鉄道事業法認可の会社で当初は軌道法に基づいていた為。九月初旬に乗車した京阪大津線は軌道法認可だが京津線の大型車両の併用軌道走行は軌道法での特例)


imageimage
併用区間を江ノ島駅方面へと向かいながら腰越駅到着前に江ノ島駅で交換したハナヤマタ号が戻るのを待っていましたが光量が足りない上に自動車の交通量も少なめで列車もそれなりの速度が出ていたので綺麗には撮れそうにもありませんでした。
imageimage
やはり残念ながら綺麗な撮影は無理でしたが最後の最後にもう一度ハナヤマタ号を見れたので満足でした。
imageimage
1067mm以上の軌間としては日本最急カーブの区間だそうです。
江ノ電は1067mmで先頃乗車した京阪石坂線(1435mm)と比べると車内も狭く感じました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 湘南藤沢駅 → 大船駅 】
image
モノレールを使って帰る事にしていました。
途中大混雑となりましたが殆ど立ちっ放しだったのでウトウトしながら大船駅に到着しました。
JR乗換えの為外に出るとすっかり日も暮れて昼間とはうって変わって肌寒かったです。

image
乗車券 鎌倉・江ノ島パス(JR東日本) 700円
 [参考]2100円
  江ノ電
   鎌倉駅-長谷駅 190円
   長谷駅-稲村ヶ崎駅 190円
   稲村ヶ崎駅-鎌倉駅 220円
   鎌倉駅-藤沢駅 300円
   藤沢駅-七里ヶ浜駅 260円
   鎌倉高校前駅-江ノ島駅 190円
   江ノ島駅-藤沢駅 220円
   藤沢駅-腰越駅 220円
  湘南モノレール
   湘南江ノ島駅-大船駅 310円



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



今月初旬に出掛けた関西でも参戦しましたが我ながら結構スタンプラリー好きじゃないかと思いますし特に今年はこれまでも(デジタルものを含めて)多かった気がします。(笑)
殊にアニメ絡みの鉄道会社絡みは居ても立っても居られなくところがありますね。(爆)
諸々から疲労もあった筈で外に出ているだけで体力を奪う程の好天でしたが不思議と元気一杯でアドレナリンがでていたのかなと(笑)思ったりしましたが見事に帰宅後グッタリという感じになりました。
テレビアニメの素晴らしさを更に深めるふらり旅となりましたが聖地巡礼に関しては特に衝動もないですし時間的なものもありましたので何時もの通りパスでした。
最終話で涙した程でしたが実は今回初めて「ハナヤマタ」の意味を理解したのでした。(爆)
今回もお得で便利なJRのフリーパスを使いましたが偶々JRのフリー区間の乗車がなかったですね。



最後迄長文拙文にお付き合い戴きまして有難う御座いました。


image



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi

RdXUAgFDEku1sEr1382517846_1382517858
何時も有難う御座います。
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。

コメント・トラックバックは承認制となっています。(要TB言及リンク)
[申し訳ありませんが状況に依っては承認まで少々お時間を戴く場合があります。]