2017年01月04日(水)

image

-SEASON 4- 【2016/2017冬 18きっぷ】 [23]

18きっぷの旅 INDEX

年が明けて早速乗り鉄して来ました。(笑)
まぁきっぷの消化です。(爆)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


01月04日(水)


【 横浜駅09:24 [2531Y] 逗子駅09:55 (東海道横須賀線) 26.1キロ 】
 [ 始発 小金井駅07:08 ]
image
さて
いきなりやらかしてました。(笑)
休日ダイヤのつもりでいたら平日でした。(笑)
だいぶ早くに予定の列車(726F横浜駅発09:31久里浜駅着10:31)を待っていたのですがそれに気付いて慌てて飛び乗りました。
一般的に仕事始めの日でもありましたから時間帯的に空いていました。
やはり鎌倉駅での降車が多かったです。

[ 乗車31分 乗換22分 ]


【 逗子駅10:17 [858F] 久里浜駅10:38 (横須賀線) 15.5キロ 】
 [ 始発 津田沼駅08:42 ]
image
結果的に慌てる必要はありませんでした。
後の行程の時間が決まっているので軽くパニックになっていましたが後続の直通であるこの列車に横浜駅から乗車(09:44)すればよかったのです。(苦笑)
所要時間が短い為(大船駅での時間調整なし)判断出来なかった事もあります。
image
年初だからか横須賀では自衛隊の艦船が勢揃いしていました。

[ 乗車21分 乗換17分 ]
image
【 京急久里浜駅10:55 [京急バス] 東京湾フェリー11:10 (久7線) キロ 】
image
徒歩で5分程度の京急久里浜駅に移動してバスに乗りました。
京浜急行に乗車しないと言う事はもうあれしかないですね。(笑)
自動車学校前(久里浜中央自動車学校)と言う停留所がありましたが街中で練習コースが見当たらないと思ったらショッピングセンター(イオン)の屋上にあるようでした。
因みに後日常磐線から見えた金町自動車教習所も同様の施設でした。(こちらはヨーカドー)

[ 乗車15分 乗換15分 ]
[  運賃 200円 ]


【 久里浜港11:25 [東京湾フェリー かなや丸] 金谷港12:05 (Bダイヤ) キロ 】
image
フェリーに乗船しました。
自動車では何回か利用した事(だいぶ以前)もありましたが徒歩では初めてでした。
徒歩の方もそれなりに居ましたがやはり自動車の方々が多かった様です。
image
鉄道同様のチケットでした。
imageimage
天気が好くて寒くなかったので乗船時間も短いですしデッキで移動する方々も少なくなかったです。
波も穏やかだった様に思います。
image
image
途中で相方の「しらはま丸」と擦れ違いました。
船内とデッキを移動している内にあっという間に金谷港に到着しました。
ある意味この日のメインイベント終了でした。(笑)
そもそも湾口の狭いところで天気が好ければ対岸もハッキリ見えますが陸路移動ですと3時間超で運賃が3千円程掛かりますので(久里浜から)かなり便利であるのは確かです。

[ 乗車40分 乗換24分 ]
[  運賃 720円 ]

image
image
image
港からは徒歩で浜金谷駅を目指しました。
7~8分と言う案内でしたが10分程見ておけば問題ないかと思います。
image
こじんまりとした駅は住宅街の奥まったところにありました。


【 浜金谷駅12:29 [161M] 館山駅12:54 (内房線) 21.9キロ 】
 [ 始発 千葉駅11:15 ]
image
丁度港からフェリーが出るのが見えたところで列車が到着しました。
6両編成でビックリでした。(笑)
image
最後方ドア付近が荷物室扱いになっていました。
image
もう三浦半島の先の相模湾が見えていたかも知れません。

因みに横浜駅からですと906S(09:50発)で運賃が浜金谷駅迄ですと2300円程(鉄道・バス・フェリーは1680円)掛かりますが同じ列車に乗車出来ます。
630円程の差額ですから乗り換えの手間やら所要時間の比較からケースバイケースの難しいところですね。

[ 乗車26分 乗換12分 ]


【 館山駅13:06 [2161M] 安房鴨川駅13:46 (内房線) 33.5キロ 】
imageimage
4両編成で空いていました。
image
時折海も見えていました。
image
菜の花があちこちで咲いていました。

[ 乗車40分 乗換03分 ]


【 安房鴨川駅13:49 [270M] 千葉駅15:49 (外房線) 93.3キロ 】
imageimage
乗換時間が僅かでしたが対面だったので無問題でした。
やはり4両でした。
この日一番のロングランでした。
image
御宿駅くらい迄は海が見えたりそれなりに景色も楽しめましたがそれ以降は内陸を進んでかなり単調になってしまいました。
image
高架の茂原駅では後続の特急(わかしお14号安房鴨川駅14:06)に漸く?(笑)追い抜かれました。
ここからは乗車率が高くなり始めて景色どころではなくなってしまいました。

[ 乗車120分 乗換11分 ]


【 千葉駅16:00 [1676F] 横浜駅17:12 (総武東海道線) 68.0キロ 】
 [ 終着 久里浜駅18:11 ]
image
始発だったので余裕の着席でした。
実はこの後も予定があったのですが帰りも遅くなりますしこの列車で帰る事にしました。
冬場は陽が落ちるのも早いですし勇気ある撤退です。(笑)
ギリギリラッシュ時間も避けられて大混雑と言う事にはなりませんでした。
横浜駅には8時間弱と言ったところで戻って来ました。

[ 乗車72分 ]

JR東日本
 横浜駅ー久里浜駅 41.6キロ 760円(参考)
 浜金谷駅ー安房鴨川駅-千葉駅-横浜駅 216.7キロ 3670円(参考)
京浜急行バス
 京急久里浜駅-東京湾フェリー 200円
東京湾フェリー
 久里浜港-金谷港 720円

7時間48分 258.3キロ 4430円(参考)  バス200円  フェリー720円

[あとがき]

房総の路線は久し振りでしたがやはり外房線の内陸部は単調ですね。
実は千葉駅から予定していた行先(最終目的地)は成田空港(飛行機も嫌いではないのです)だったのですが僅か一時間程度であったにも関わらずすっかり飽きてしまったのも確かです。
無論無理をしないと言うのも間違いないのですが”万里の静岡”の修行が全く生かされなかったのかも知れません。(笑)
まぁ序盤のフェリーがハイライトであったのも確かでそれだけで十二分の価値はありました。
やはり南房は乗り鉄だけでは駄目なんでしょうね。(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最後迄お付き合い戴きまして有難う御座いました☆




L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi

RdXUAgFDEku1sEr1382517846_1382517858
何時も有難う御座います。
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。

コメント・トラックバックは承認制となっています。(要TB言及リンク)
[申し訳ありませんが状況に依っては承認まで少々お時間を戴く場合があります。]