今昔写真で明治の面影を訪ねる大磯まち歩き

IMG_20180519_232409_354




【 SEASON03-003 (013) 】
INDEX
駅ハイ by JR東日本

Seson1(平成28年度)
 2017(平成29)年
  第一回 第一回その2 第二回 第三回 第四回
Seson2(平成29年度)
  第五回 第六回 第七回 第八回 第九回
 2018(平成30)年
  第十回
Seson3(平成30年度)
  第十一回 第十二回

u8VigldhZWQhzNY1486291504_1486291581

2018シーズンとしては早くも三回目となりました。
今回も県内コースでこれまで年に何度か通過はしていましたが初めて大磯駅に降り立つ事になりました。

[0218005]
受付 09:30~11:30 大磯駅 大磯町観光協会駅前案内所
約4時間15分(約12.0キロ)
2018年04月07日(土)~05月31日(木)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

慣れ親しんでいる(ある意味腐れ縁レベル笑)東海道線に乗車しました。
少々混雑気味で藤沢駅から着席出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大磯駅

DSC_5802
DSC_5805
DSC_5804

DSC_5806

近年西下の際には大抵熱海駅迄乗車する事が殆どでしたので大磯駅での下車はとても新鮮でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大磯町観光協会駅前案内所

DSC_5808
DSC_5981
DSC_5982

先ずはスタート地点の観光協会で受付を済ませました。

DSC_5983

記念品はチョイス出来たのでダブりなしでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11時半頃に出発しました。

DSC_5809
DSC_5810
DSC_5811

駅の反対側に渡って少し線路沿いに歩きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(01) 妙大寺

DSC_5813
DSC_5814_HORIZON
DSC_5815

5分程で到着しました。
住宅街の中の静かな雰囲気のお寺さんでした。
松本順(良順)さんの墓所だそうですが誰?(笑)
少なくとも大磯縁の方であったのは間違いないと思いましたが。

実は今回のコースはアプリと連動している為なのかマップに詳しい説明が少なくてこちらの説明は特になかったのです。
個人的にアプリ類は面倒(笑)なので当初から使うつもりはありませんでした。
後程訪れたスポットで判明する事になりましたがそちらの説明には記載がありました。
まぁ自分が不見識と言うところもありますのでご存知の方も少なくないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5819
DSC_5821

暫く住宅街の中を歩いて行くと参道の途中に出ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(02) 白岩神社

DSC_5822
DSC_5824
DSC_5825

15分程歩きました。
此方も静かなお社でした。
陽射しが出て少し蒸し暑くなりましたが木陰は快適でした。

DSC_5826

鳥居を潜って先へと向かいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5828

雲もだいぶ切れて暑かったですが気持ちも好かったです。

DSC_5830
DSC_5831
DSC_5832

東海道線を潜って畑の中を進んで行くと突如現れました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神奈川県立大磯城山(じょうやま)公園

DSC_5833
DSC_5984

東門から園内に入りましたが此方がメインゲートでは無い様でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(03) 大磯町郷土資料館(県立大磯城山公園内)

DSC_5834
DSC_5835
DSC_5836

20分程で到着しました。
東門からは直ぐでした。
大磯町に関する幅広い展示がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5838
DSC_5839

園地は旧三井別邸と言う事でしたがほぼ里山でしたね。(笑)
自然そのままに設置された当時の建物等も残されていました。

IMG_20180519_232300_507

展望台からは相模湾や伊豆半島が一望出来ました。
また雲が出て来て富士山は見えませんでした。

このあとマップを読み違えて郷土資料館に戻ったりしてちょっと大変でした。(笑)

DSC_5843
DSC_5844
DSC_5846

何とか西門からの脱出に成功しましたが園地の外周を少し進むと南門(メインゲート)の前に出ました。
実は展望台から最短だろうとは思っていたのですが出来るだけマップに忠実にと思ったらこれでした。(笑)
まぁ滝を見れたりしましたので余計に歩いた事も悪くはなかったです。

DSC_5847
DSC_5848

国道1号線を渡ると漸く着きました。
道路を挟んでいますが同じ城山公園と言う事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(04) 旧吉田茂邸(県立大磯城山公園内)

DSC_5849

山越えと迷走(笑)もありましたので25分程掛かりました。
国道を挟んでいますが一応同じ公園という事でした。

DSC_5852

スタートから1時間半程経過していたので取り敢えず休憩所で一休みしました。

DSC_5854
IMG_20180519_232409_354
DSC_5855
DSC_5985

珍しく(笑)入場料(笑)を払って見学しました。

DSC_5860
DSC_5859
DSC_5862
IMG_20180519_232559_421

二階からは海が見えました。

DSC_5865
DSC_5885

サンルームは消失を免れたオリジナルだそうです。

DSC_5879
DSC_5882
DSC_5881

山側にも別の階段があって二階には書斎(寝室)等がありました。
孫の麻生(太郎)さんはヘンテコな建物だと言っていたとかいないとかだそうですが(笑)まるで旅館の様な立派な建物でした。

DSC_5889
DSC_5890

海の近くには銅像もあってサンフランシスコの方向を向いているそうです。

DSC_5892

薔薇も綺麗でした。

DSC_5799
DSC_5967_HORIZON

吉田茂さんと言えば元戸塚区民としてはワンマン道路であり戸塚駅の大踏切の印象が強くあるのですが踏切の方は既に西口再開発に伴ったアンダーパスの完成で廃止となっていて時の流れを感じずにはいられません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_20180519_232655_351
DSC_5895

公園(旧吉田邸)の外周を海に向かって進むと西湘バイパス脇の太平洋岸自転車道に入りました。
サイクリングロードではありますが歩行者も通行可能でした。

DSC_5898

暫くは海沿いを進みましたがバイパスは何度も利用した事がありましたがこうして歩くのは中々新鮮で気持ちも好かったですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(05) 伊藤公滄浪閣の旧跡碑

DSC_5904

20分程歩きました。
国道1号線沿いにありました。
伊藤公とは勿論初代内閣総理大臣の伊藤博文さんで滄浪閣(そうろうかく)とは元々は小田原にあった別邸の名前だそうでこの地を気に入って別荘を建てそのまま移り住んだそうです。
実は先程の大磯郷土資料館で初めて伊藤さんも大磯縁の人物だった事を知りました。
伊藤さんは山口(長州)出身ですが個人的には横須賀(憲法草案の夏島)のイメージが強かったです。
近隣には大隈重信さんや陸奥宗光さんの別荘もあったそうですね。
取り敢えず碑の写真だけ撮影して先へ進みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_20180519_232818_306

東海道(国道1号線)の松並木を歩きましたが名前がそのものズバリな歩道橋もありました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(06) 旧島崎藤村邸

IMG_20180519_232853_539
DSC_5986

10分程で到着しました。
入場は無料でしたが最初に名簿に簡単な記帳をして室内には入れませんので庭から見学する形でした。

DSC_5911
DSC_5912
DSC_5913

大磯駅からもそう遠くない住宅街の中にある普通の住宅と言った趣でしたが今となっては昔乍らで懐かしさを感じさせられる貴重な建物でしょうね。
まぁ現代の若者に通じるかはわかりませんがだからこそ残っている事が素敵な事なのかも知れません。
因みに藤村さんの出身地である岐阜の馬籠がある旧山口村(現中津川市)と大磯町は姉妹都市関係で現在も引き継がれているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後はちょっとトリッキー?(笑)な経路で面白かったです。
通行の妨げ等を考慮したものかと思います。
明らかに国道1号に出て左折(国道沿いのスポット)なんですがそこはコース通りに進みました。
裏道に誘導はまだいいとして一番面白かったのは一度逆方向に進んで信号を渡って反対側の歩道を戻って来るというもので恐らくコース設定の際にはなかったであろう横断歩道(信号なし)が目の前にあったのでそこはコースに反して渡りました。(笑)
まぁ安全を重視した可能性もありますがだとするなら歩道もそれ程狭くなかったですし左折で良かったかと思われます。

ただこれまでの駅ハイに於いて各地で安全面のみならずマナー問題等が頻出していたとするならばそれはそれで自分を含めた参加者側のモラルも省みなければいけないのかも知れません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(07) 鴫立庵(しぎたつあん)

DSC_5921
IMG_20180519_232932_842

5分程で着きました。
日本三大俳諧道場に数えられるそうです。(他は 京都・落柿舎 滋賀・無名庵)

DSC_5922

湘南発祥の地(諸説あり)でもあります。
現在では内陸地含めて広範囲の地域名称となっていますが個人的なイメージでは(景観的にも)大磯町と二宮町が本流かと思っています。(大目に見積もっても藤沢の片瀬西浜迄)
まぁ酒匂川から葉山町くらい迄は許しましょう。(笑)

入場料(町外300円)を払えば中に入れる様でしたが駅ハイ終盤の悪い癖で早く先へ進みたくてパスしました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(08) 照ヶ崎海岸

DSC_5925
DSC_5924
IMG_20180519_233024_467
DSC_5926

10分程です。
日本の海水浴場発祥の地(諸説あり)で最初の妙大寺に墓所があった松本順(良順)さん(医師)がこの地に開設したそうです。
当時としては医療行為(潮湯治)の一環であったあそうですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(09) 旧東海道松並木

IMG_20180519_233323_664

15分くらいでしょうか。
具体的にこの場所と言う目印がハッキリしなかったのですが閑静な裏通りの雰囲気でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(10) 化粧坂松並木

DSC_5937
DSC_5938

10分程。
こちらも同じ通りでしたが判然としませんでした。
東海道線を潜った先かと思いますが明らかな坂ではなかったと思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(11) 高来(たかく)神社

DSC_5947
DSC_5945
DSC_5940
IMG_20180519_233409_627

10分程で到着しました。
山麓の静かなお社でした。
社名は高麗(高句麗)に由来すると言う説もあるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5948_HORIZON
DSC_5949

この後は住宅街を歩き大磯駅のホームが見えるところでは心臓破りの坂?(笑)もありました。

DSC_5951

最後にスタートして渡った陸橋を再度渡ってゴールの大磯駅に戻って来ました。

4時間5分と初めて大台(笑)を超えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての大磯町でしたが改めて近代の歴史に溢れる街だと思いました。
気候的には多少蒸し暑い一日でしたが横浜に帰宅の際風が冷たく感じたくらいでやはり温暖の地でもあったと身を持って感じて明治の別荘地に選ばれた訳も納得出来ました。
まぁ鎌倉(と横須賀)を擁する横須賀線と共に湘南電車の普通列車にグリーン車が連結されている事(しかも2両)も当然でしょうね。
決して高い山ではありませんが間近に迫っていて市街地が広くはないですが寧ろそれでコンパクトに纏まっていて生活するには丁度いい密度を保っているようですし気候面でもプラスに働いているのかも知れません。
落ち着いた雰囲気で少しは知的になれたかも知れないお散歩になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



DSC_5857
最後迄お付合い戴きまして有難う御座いました。





L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)

KAkashi / 今木 洛

RdXUAgFDEku1sEr1382517846_1382517858
何時も有難う御座います。
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。