川崎駅北口開業1周年記念!江戸時代の川崎宿を感じながら過去から未来へと巡るコース

IMG_20190227_105806_105




【 SEASON 03 - 005 (015) 】
INDEX
駅ハイ by JR東日本

============================

============================

Seson1(平成28年度)
 2017(平成29)年
  第一回 第一回その2 第二回 第三回 第四回
Seson2(平成29年度)
  第五回 第六回 第七回 第八回 第九回
 2018(平成30)年
  第十回
Seson3(平成30年度)
  第十一回 第十二回 第十三回
 2019(平成31)年
  第十四回

============================

u8VigldhZWQhzNY1486291504_1486291581

============================

今回は先月(伊東駅)から二ヶ月連続の参戦となりました。
県内コースに戻りましたが一応横浜市外ではありました。

============================


[0218015]
受付 09:30~10:30 川崎駅 かわさき きたテラス   02/18のみJR川崎駅
約4時間00分(約6.5キロ)
2019年02月01日(金)~02月28日(木)

============================

JR川崎駅

DSC_3814
DSC_3815
DSC_3816

お隣の市で近いにも関わらず人身事故のダイヤ混乱から徐行や駅間停止等があって若干時間が掛かったりしましたが受付時間内には間に合う様に到着出来ました。
因みに後から知りましたが並行する京浜急行線も人身事故でダイヤが乱れていたようです。

============================

かわさき きたテラス


DSC_3817
DSC_3818

北口改札を出て特に案内がなかったのですが何とか辿り着きました。(笑)
川崎市の行政サービスコーナー施設でした。

DSC_3998
DSC_3992

受付を済ませてクリアファイルに入ったマップ一式を戴きました。

DSC_3993

記念品はダブってしまいました。

10時25分頃に出発しました。

============================

DSC_3820

砂子(いさご)交差点付近で浮世絵マンホールを発見しました。

============================

東海道かわさき宿交流館

IMG_20190227_105806_105

10分程で到着しました。
入館無料でした。

DSC_3824
DSC_3825
DSC_3827
DSC_3828
DSC_3831

東海道や川崎宿に関する解説展示がパネルだけではなく模型や映像でもありました。

DSC_3994

============================

川崎稲荷社

IMG_20190227_105818_798

旧東海道を5分程歩いて道を逸れると着きました。
マンションやビルに挟まれた一角のお社でした。

============================

六郷の渡し・明治天皇の碑

IMG_20190227_111105_509

5分程でした。
再び旧東海道に戻って第一京浜(国道15号)を潜ると多摩川(六郷川)に出ました。
この辺りの広大な河川敷は東京側でこちら側は直ぐ本流でした。
徳川家が橋を掛けたそうですが後の大洪水で流されてからは明治に入る迄の約200年間は舟渡しだったそうです。

============================

稲毛神社

DSC_3849DSC_3850
DSC_3851
IMG_20190227_113021_962

旧東海道を少し戻って第一京浜国道を潜ってからそのまま国道沿いに歩いて10分程で到着しました。
偶にこの辺りを通る事がありましたがお参りは初めてでした。

DSC_3853
DSC_3854

お神籤は「末吉」でした。

DSC_3996

============================

小土呂橋跡

IMG_20190227_115038_278

先程通った砂子交差点から旧東海道に戻って逆方向へ向かって15分程でした。
交差点脇にひっそりとありました。

============================

見附(京口)

DSC_3863

更に旧東海道を10分程進みました。
見事な駐車場でした。(笑)
見附とは宿場町の出入口で京口は京都側と言う事になります。
反対に江戸口は旧街道と第一京浜が交差する辺りの様です。

============================

芭蕉の句碑

IMG_20190227_121107_089
DSC_3867
DSC_3868

10分程歩いて京浜急行八丁畷(はっちょうなわて)駅の近く迄来ました。

麦の穂を たよりにつかむ 別れかな

松尾芭蕉翁が郷里・伊賀への旅立の際に見送りの門人に向けてこの地で句を詠んで後に句碑が建立されたそうです。

============================

無縁塚

DSC_3869
IMG_20190227_123244_221

京浜急行の線路を渡って八丁畷駅の隣にありました。
芭蕉翁の句碑からも直ぐでした。
この場所では多数の人骨が発見され(江戸時代に宿場で亡くなった方々?)昭和の始めに慰霊塔が建てられたそうです。
それいらい毎年欠かさず地元の方々に依って慰霊祭が行われているそうですね。

八丁畷(縄手)とは八丁(約870m)畷(田の間の真っ直ぐな道-畦道-)と言った意味で宿場の京口から真っ直ぐに旧街道が伸びていた様です。
先程の句碑から旧街道が不自然にカーブして京浜急行の(線路と直交する)踏切を渡る道に合流していますがよく見れば無縁塚前の旧街道とはほぼ直線でした。

============================

DSC_3873

八丁畷駅前でも浮世絵マンホールを発見しました。

============================

東芝未来科学館

DSC_3875
DSC_3880
IMG_20190227_130743_260

25分程歩きました。
川崎市と言えば東芝さんでしょう。(笑)
やはり入場無料で子供さんの団体が多かったです。
アトラクション的な楽しみながら学べるものは子供さんに大人気でしたがからくり人形か始まって重電弱電を問わず東芝さんの歴代の製品の数々の展示は貴重なものもあり興味深く見学しました。
近年ゴタゴタもありましたが漸く再起の一歩を踏み出した様で再び頑張って欲しいものですね。

DSC_3997

============================

JR川崎駅

DSC_3882
DSC_3883
IMG_20190227_132258_921

5分程で到着してゴールとなりました。
東芝未来館はほぼ川崎駅に隣接してると言ってもいいでしょうね。
2時間45分程のお散歩でした。

============================

一ヵ月半程のインターバルで今年二回目の駅ハイ参戦でした。
前半は馴染みのある場所を歩き後半は逆に薄い場所になりました。
駅ハイの東海道宿場町で言えば保土ヶ谷や(東)神奈川等の参戦がありましたがそれらに比べれば一見面影が無い様でも実は色々と痕跡も含めて残っているものだと思いました。
そう言った歴史的に価値があるものでも知識であったり保存であったりしなければ何れ風化して何も残らなくなって行くのかも知れません。
残して行こうと日々努力している皆さんが居るからこそこうして改めて歴史を感じる事が出来るのだろうとその想いを馳せつつ感謝の気持ちを持って歩く事が出来ました。
生憎の曇り空で少し寒かったですが歩くと丁度良く雨にも降られず楽しめました。

============================

============================


DSC_3834
最後迄お付合い戴きまして有難う御座いました。





L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)

KAkashi / 今木 洛

RdXUAgFDEku1sEr1382517846_1382517858
何時も有難う御座います。
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。