アルマダの海戦


境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
クチコミを見る


プチレビュー

最厚です。(笑)
文庫本で約1200円とか。(爆)
因みにIII巻ではとうとう三分割になります。(一巻としての総量は増加笑)

英国に辿り着いた武蔵は英国の思惑に振り回されています。
一方三征西班牙も対英国戦(アルマダ海戦)の歴史再現を控え準備に余念がありません。


相対(バトル)や戦闘等二転三転で最後迄息が吐けませんね。
それにカップルが異様に増えた気がします。(笑)
まぁ結局は点蔵のターンです。(爆)

登場人物個々隅々迄の丁寧な心理描写がある中で主人公であるトーリのそれが無いのは(10年前から)感情そのものを押さえ込んでいるからなのか本能で生きているからなのか(笑)は謎ですが重要な場面での結果オーライからすると前者の様でいて芸人故にそう見せ掛けて後者とも考えられます。(爆)





L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。